病院からのお知らせ

和食万歳!

2015.08.31 スタッフブログ

本当に暑かった夏も、ようやく朝晩涼しくなってきました。

ホッとしたところで、どっと夏の疲れが出てくるなんてことにならないように、

しっかり体調管理して来たるべき秋を楽しみたいものです。

 

秋と言えば、やっぱり食欲の秋!

昨年末、和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、大きく報道されました。

ここでいう和食とは、料理そのものではなく、

「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた 「食」に関する「習わし」と位置付けられています。

そして、和食の特徴として、以下の4つが挙げられています。

 

1. 多様で新鮮な食材と素材の味わいを活用

2. バランスがよく、健康的な食生活

3. 自然の美しさの表現

4. 年中行事との関わり

 

和食の人気が、海外でも高まっている一方で、日本人の食生活は、戦後、洋風化が進み、

特に畜産物(肉・乳製品・卵など)や油脂類の摂取量が増加しました。

それに伴って、食料自給率は低下し、 肥満者の割合が増加しています。

 

今、朝食を食べないとか、ファストフードで夕食を済ませるなどといったことは、

珍しくないのかもしれませんが、特に子供たちがそういった食生活をしているなら、

見直すべきではないでしょうか。

 

せっかく日本人に生まれて日本に住んでいるのですから、和食の良さを再認識して、

素晴らしい文化として次世代に継承していきたいですね。

懐石料理や高級なお寿司だけが和食ではありません。芋の煮っころがしだって、立派なおふくろの味です。

一汁三菜を基本に、栄養バランスの良い食事を、心がけたいと思います。

 

一汁三菜

 

 地域連携室