病院からのお知らせ

ロシアワールドカップ 日本代表VSコロンビア

2018.07.02 スタッフブログ

2018年、今年はピョンチャンオリンピック、ロシアワールドカップと

スポーツの年と言えます。

 

開催時期は、眠れない日々が続き、体はきついですが、楽しい時間だと感じています。

そして、6月19日は、待ちに待ったロシアワールドカップ日本代表初戦。

相手は、ハメス・ロドリゲス、ファルカオ、クアドラード要する南米の強豪コロンビア。

201806SB1 201806SB2 201806SB3

事前のTV番組で解説の方の大方の予想は引き分けが多く、

勝利を期待しつつも難しい試合になると予想されていました。

 

21時いざキックオフ。

 

開始早々、コロンビアに退場者が出て、PKと数的有利を獲得。

PKは、香川選手がきっちり決めて1対0に。

 この時は、正直勝てるんちゃうかと思いました。

 しかし、前半終了近くにコロンビアに直接FKを決められ同点となり前半終了。

 

後半28分、途中出場の本田選手のCKから半端ない男大迫選手の

渾身のヘディングが決まり、日本が勝ち越し。

 

 この瞬間、久々に手を叩いて喜びました。

 その後、ヒヤヒヤな場面、ハラハラな場面はありましたが、無事後半終了。

 2対1で日本がワールドカップで初めて南米のチームに勝利しました。

 

 個人的なMVPは、たくさん走っていた原口選手か

よくボールに関与していた柴崎選手だと思っています。

 

 まだまだ眠れない日々は続きますが、

日本が初めてベスト8に進めるように応援したいと思います。

栄養科