病院紹介

施設病棟案内

療養型病棟48床

療養型病棟とは、急性期を過ぎ、長期の療養を必要とされる方が入院できる病棟です。甲北病院では3階病棟が該当し、慢性期の患者様の社会復帰や家庭への復帰を目指した治療、リハビリテーションを行います。

退院後、患者様にできる限り自立した生活を送っていただき、また、介護する方の負担を最大限軽減できるよう、支援させて頂きます。患者様の心身両面にわたる小さな変化も見逃さないように努力し、安全についても注意を絶やさないようにしています。

急性期病棟20床

手術直後や病気(例えば肺炎や脳梗塞、胃潰瘍など)の症状や全身状態が安定しておらず、早急な検査や治療を要する患者様に入院していただく病棟です。重篤な病状の初期治療を行っています。

早期の治療、退院を目指しており、ご高齢や後遺症の強い患者様は、症状の安定と共に療養型病棟へ転棟していただき治療を継続するようにしています。 甲北病院では4階病棟が該当し、全部で20床あります。